ブラジリアンワックスなどできれいに処理できる

ブラジリアンワックスの良さを知る

ブラジリアンワックスは2~3週間の一時的脱毛法で、医療レーザーや光脱毛は1回形を決めれば、ずっとその形で脱毛をすることになり、それに比べてブラジリアンワックスは様々な形に挑戦できたりします。そしてアンダーヘアの処理によっておりものなど固まったりしないので、においが気になってきたり夏場蒸れなく過ごせます。医療レーザー脱毛、光脱毛はメラニンに反応し、日焼けした肌に向いてないですが、ブラジリアンワックスはどんな肌でも脱毛可能です。

抜くことは炎症を起こすこと

毛を抜くのは毛根より大きな毛をムリに引っこ抜くことで、根から抜くので、黒ずみ、毛穴に毛が残ることはないですが、毛穴は赤くはれたりします。抜いた毛穴は鳥肌みたいに盛り上がっていてこれは毛穴が炎症を起こしてます。盛り上がった皮膚はすぐに戻らず、毛穴が開いたままの状態がしばらく続き。そこから雑菌が入ってしまうケースがあります。ひどいときは手術しないと治らないこともあり、ハイジニーナ部分はデリケートで、さらに炎症が起きやすくなります。

海外では主流になっているアンダーヘア脱毛

元々アンダーヘアを処理する習慣がある海外はハイジニーナ脱毛が流行ってますが、日本は日常的に行る習慣がなく、すべての毛をなくすのは少数派です。ハイジニーナが流行るまえも、vラインの脱毛はひそかに人気の部位で、水着や下着からはみ出ていれば、処理することになり、いっそ脱毛してしまおうといった方が増えています。vラインが毛深いかたは、大抵IラインやOラインも毛深く、vラインだけ整えても、いざベッドインすると思えば恥ずかしかったりします。

医療脱毛の施術は、医師や看護師の立会いの下で行われるため、他の脱毛方法よりも安全性が高いことがメリットです。