そのニオイはワキガかも!?ワキガの仕組みと対策を知ろう!

私ってクサイ?気になる自分のニオイ

自分のニオイって気になりますよね。例えば、何気なくしゃべりかけようと寄って行った相手が、手で鼻を押さえたとしたらどうでしょう。自分はもしかしてクサイのかも・・!?そんな不安な気持ちになりますよね。そして、その原因はもしかしたらワキガにあるのかもしれませんよ。耳垢がべた付いている、洋服のワキ部分が黄色く変色している、ワキに汗をかきやすくワキ毛に白い粉がついている、そんなことが当てはまったらワキガなのかもしれません。

どうしてクサイの?ワキガの仕組み

では、ワキガはどうして臭うのでしょうか?ワキのニオイの正体は汗にあります。といっても汗自体は無臭で、アポクリン腺から出る汗と一緒に脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどが出て、肌の表面に住む菌に分解されて悪臭が発生します。また、エクリン腺から出る汗も無臭ですが、蒸発する際にアポクリン腺から出たさまざまな物質から出た悪臭を拡散させてしまいます。さらに、ワキ毛をそのままにしていると、ワキ部分の湿度が高くなって細菌が繁殖しやすくなりますし、汗を長時間留める原因にもなります。

手術した方が良いの?

深刻なワキガともなれば、本格的に手術してもらうしか原因を断つ手段はないでしょう。でも、ワキガといってもレベルはさまざまです。まずは、ワキを常に清潔にすることを考えましょう。脂質やタンパク質、糖質、アンモニアをこまめに取り除き、細菌が繁殖しないように気を付けることが先決です。それでも気になるなら、病院に行ってアポクリン腺の数や質を調べてもらうと良いですよ。案外自分勝手な思い込みだった、ということも多いものなのです。

「わきが」とは人の腋にあるアポクリン腺から分泌される汗によって独特の体臭が発生する体質のことです。腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれます。